不動産投資セミナーのココが知りたい!

不動産投資セミナーについて痒い所まで手が届くホームページです。

不動産投資のココが知りたい

「不動産投資セミナーについてかゆいところまで手が届くコンテンツ」をテーマににして、このブログでは情報発信をしていきたいと思っています。

このブログで言う「かゆいところまで手が届く」というのは、インターネットのwebサイトや書籍などになかなか載っていないコンテンツを意味しています。


不動産投資セミナーについてなかなか表に出てこない情報というのは、不動産投資セミナーを主催する側の本音を反映したものであることが多いです。当たり前ですが、こういった情報が表に出てくると、セミナーを実施する側は困ることが多いようですね。

例えば、あなたはこんなことが知りたくないですか?


■ なぜ無料で不動産投資セミナーをするのか
■ セミナーで得られる情報というのは本当に価値があるのか
■ セミナーのスピーカーは、情報の出し惜しみをするのではないか

こういった情報について、細かく、わかりやすく紹介していきたいと思います。






不動産業者の集客方法

不動産投資セミナーを実施しているのは不動産業者であることが多いです。

不動産というのは非常に高い買い物です。不動産投資目的でない人が不動産を購入するというのは一生に1度あるか無いかだと思います。

投資目的で購入をする人も、そう頻繁に物件を購入するということはないでしょう。購入するとしても、購入に至るまでは長い検討プロセスを経て購入に至るはずです。



ここで少しあなたに質問があります。あなたがもし不動産業者であれば、どのようにして集客をしますか?販売をしますか?想像を巡らせてみて下さいね。

非常に高額な買い物である不動産。これを売るというのは非常に難しいです。集客もとても難しいですよね。

なぜこんな話をするのでしょうか。

不動産業者の立場、つまり不動産セミナーを実施する側の立場になって考えてくると、いろいろと見えてくるものがあります。

まず、結論から言うと、「不動産業者」が「不動産セミナー」を実施する場合、参加費が無料であれば目的は「集客」にあります。自分たちのビジネスの見込み客となる人々を、「無料」をえさにして集めるのです。「無料」と引き換えに、業者は

● 氏名
● 住所
● 連絡先
● 年齢


といったパーソナルな情報を要求してきます。業者が、一番目当てにしているのは「連絡先」です。それはなぜでしょうか。少し考えてみて下さい。ヒントは、「不動産という高い買い物は、長い検討プロセスを要する」という点です。

答えは、「見込み客の検討プロセスにコミットして判断に影響を与える」という点にあります。

見込み客を集め、連絡手段を確保し、その後継続的に見込み客とコミュニケーションをとる。このコミュニケーションの中で、見込み客の考えや判断に影響を及ぼす、そして最終的にはセールスにつなげるというのが業者の目的です。初回からセールスをしても成果は上がらないことを業者はよく理解しています。

だからこそ、見込み客となる人々とコミニケーションを重ねて信頼を獲得しようとしています。その第一歩がセミナーというわけですね。

業者は、自身の最終目的であるセールスを達成するために、まず見込み客をしっかりと集客しなければなりません。そのためには、価値ある餌、つまり価値ある無料セミナーを実施しなければなりません。


ここでいう「価値ある無料セミナー」とは何でしょうか。

これは、業者がどういった見込み客を想定しているかによって大きく変わってきます。初心者、中級者、上級者、それぞれで「価値ある」と思うコンテンツやセミナー内容は異なってきます。これは当然ですよね。



参加者の立場から言えば、開催されるセミナーで取り扱われる情報内容によって、業者がどういった見込み客を狙っているのかということを読み取ることができます。

不動産投資セミナー初心者の方もこうしたセミナーに慣れてくると、こういった違ったものの見方ができるようにもなってくるでしょう。





価値ある不動産投資セミナーに参加するためには

業者(セミナーの実施側)が、どういった見込み客を想定しているかによってセミナーの情報内容は変わってきます。

参加者側の立場から見て、「参加して良かった!」と思えるようなセミナーに出会うためにはどうすれば良いのでしょうか。

まず第一のポイントとして挙げられるのは、「セミナー実施側が想定している見込み客層」と「自分」が一致することです。

例えば、初心者を想定したセミナーに、初心者が参加すればうまくマッチングしたことになるので、セミナーで取り扱われる知識・情報・HOWTOは参加者にとって非常に役立つものであるはず。そのため、参加者にとってそのセミナーは有意義な時間となることでしょう。

第二のポイントとして挙げられるのは、「自分がセミナーで何を得たいのか」をセミナー参加前に明確にしておくことです。自分がどういったことを学びたいのか、知りたいのか、そういったことをまったく考えずに情報を得ようとしても、無駄足に終わってしまうことは多いでしょう。
きちんと目的意識を持つということですね。


不動産に関係するノウハウやHOWTOや情報の数は膨大です。当然、全部を追いかけられるわけがありません。ノウハウコレクターになってしまわないためにも、自分がどんな情報を欲しているかを明確化させるということは大事です。

第三のポイントとして挙げられるのは、自分自身の知識・情報レベルを上げるということです。自分自身の情報・知識レベルを上げれば、レベルの低いセミナーでは満足できなくなってくることでしょう。

業者としても、知識・情報レベルの高い人の情報ニーズを満たせるセミナーを開催できれば、その後の購入につながりやすいために、質の高いセミナーを実施する動機というものは確実にあります。何より、知識・情報レベルの人が行う不動産投資は、初心者よりもうまくいきやすいと言えるので、次回の物件購入の際にもひいきにしてもらえるかもしれないという期待があります。

ちなみにこちらの軽井沢の不動産物件サイトは知り合いが運営しているもので最近話を聞いたところ今は軽井沢の物件がリスクが低く、今後の期待ができるようです。不動産セミナーと同時にこういった不動産購入の情報も合わせて集めていくことが不動産投資には大事です。



有料セミナーと無料セミナーの違い

既に話したように、業者が実施する無料セミナーというのは集客のための餌であることが多いです。

しかし、有料セミナーの場合は、既にセミナー実施の対価というのを受け取っているので純粋な情報提供の場であることが多いです。

ケースバイケースではありますが、有料セミナーに参加すれば、基本的には純粋に不動産投資について学習することができると思います。


ただ、一つ注意が必要なのは、そのセミナーという場は業者にとって「情報提供ビジネス」であるため、参加者に対してリピート商品(例えば次回のセミナーや個別コンサル等)をすすめてくることが多いと思います。

もちろん強制ではないので、必要で無ければ断れば良いだけです。

不動産投資の初心者は、初期の段階はまずたくさんの無料セミナーに参加して基礎的な知識や情報を仕入れることをおススメします。

いきなり、知識も情報を無い初心者が有料セミナーに参加すると失敗してしまうことが多いと思います。






スピーカーは情報の出し惜しみをするのではないか?

スピーカーは情報の出し惜しみをしたり、肝心な情報は渡さなかったりするのではないかと思う方は多いでしょう。
はっきりいって、それはそうだと思います。

不動産投資セミナーで話される内容が「儲かるための美味しい情報」という性質のものであると仮定したら、「本当に美味しい情報」というのはなかなか表立ってでてくることはないと思います。

やはり、価値ある情報や知識を手に入れるためにはそれなりの対価というものが必要です。

こう聞くと、がっかりしてしまう人も多いかもしれません。





 
Copyright © 2009 不動産投資セミナーのココが知りたい! . All rights reserved